ゼロファクター徹底ガイド
ゼロファクター徹底ガイド > 髭の悩み・髭剃り > 髭はいつ伸びる?夜の髭剃りは深剃りがポイント!

髭はいつ伸びる?夜の髭剃りは深剃りがポイント!

(公開: 2017年09月26日)

 

忙しい朝は1分1秒も無駄にできないので髭剃りを夜に済ませる人も多くいます。髭の薄い人は前の晩に深剃りしておけば翌日の夜まで髭が目立たないからです。
 
しかし、髭の成長スピードは本人が意識している異常に早いので、残業中に顎のあたりが青くなってくることもあるのです。中途半端に生えた青髭はだらしのない印象を与えますし、仕事終わりの飲み会やデートこそ身だしなみを整えて臨みたいですよね。
 
髭は朝の6時から10時までの間が最も伸びやすく、前日の夜に剃っても翌朝には生えてしまいます。さらに、夕方からも成長スピードが速まる時間があるので仕事終わりに青髭が現れる事もあります。
 
髭は平均して1日に0.2mmから0.4mmほど伸びますが、生活習慣が乱れていたり運動不足な状態だと髭の伸びるスピードも速まります。
 
髭が濃い人や伸びるのが早い人は、まず規則正しい生活習慣と適度な運動を心掛けましょう。
 
 

髭が伸びやすい季節とは?

 
髭は季節によっても髭が伸びるスピードは変化します。
 
冬の間は植物の成長が止まる様に髭も伸びにくく2月ごろに最も遅くなります。髭が一番伸びやすいのは9月ごろですが、その理由はまだ解明されていません。
 
一説には秋の過ごしやすい気候のよって細胞分裂が起こりやすいためではないかと言われています。そのため髭の脱毛をするなら髭の伸びるスピードが遅い冬が適しています。
 
この髭のサイクルを考えると、髭剃りを夜している人も春から秋にかけての温かい時期だけは朝に剃る必要があるのです。
 
朝起きた直後の浮腫んだ肌は髭剃りに適さないので、起床後15分から30分経ってから行うと仕上がりが綺麗です。手早く済ませたい人は電気シェーバーで朝剃れば簡単ですし、時間がない場合には会社に電気シェーバーを持ちこむこともできますよ。
 
どうしても朝に剃るのが難しい人は、夜の髭剃りでしっかり深剃りすることが大切です。目に見えている毛幹部分だけでなく毛穴に隠れている毛根まで押し出して剃らなければ夕方には青髭が現れてしまいます。
 
ポイントは目に見えて髭が生えていない状態ではなく、触れてもザラザラした髭の感触がしないレベルまで剃りあげる事です。
 
しかし、深剃りを意識すると皮膚を強く刺激し傷つけてしまう可能性があるので注意が必要です。