ゼロファクター徹底ガイド
ゼロファクター徹底ガイド > 髭の悩み・髭剃り > 髭剃りでニキビができるのは肌も削っているのが原因!?

髭剃りでニキビができるのは肌も削っているのが原因!?

(公開: 2017年08月04日)


 

髭剃りというのは、髭を剃っているだけのつもりでも、角質層(肌の表面)まで削られています。

 

角質層は外からの刺激や細菌の侵入を防いでくれたり、肌の水分を外に逃がさないように水分を保持してくれますが、その角質層を髭剃りで髭と一緒に削ってしまい、細菌が侵入しやすくなったり、肌が乾燥しやすくなったりしてしまいます。

 

肌が乾燥してしまうと防御反応で皮脂を大量に発生させて乾燥肌にならないようにしようとします。

 

しかし、角質層を削ってしまっているので、肌のターンオーバーがうまくいかず、皮脂を毛穴に詰まらせてしまい、ニキビができやすくなります。
 

角質層を削ってしまう原因となるのが、切れ味の悪いカミソリや電気シェーバーを使うことです。
 

切れ味の悪いカミソリや電気シェーバーは髭を無理矢理引っ張って切ってしまうので、角質層に深いダメージを与えてしまい、髭を剃ったあとにニキビができやすい状態になってしまいます。
 

髭剃りでニキビをつくらないための対策

 

 
髭剃りでニキビをつくらないためには、肌を傷つけないようにすることが大事になります。
 
そのためにはまず、切れ味の悪いカミソリや電気シェーバーを使わないことです。
 
カミソリなら2週間に1回刃を交換したり、電気シェーバーの場合は、内刃は2年に1回程度、外刃は1年に1度程度交換するようにしましょう。
 
カミソリで髭を剃る場合は事前に髭を柔らかくしておくこともポイント。
 
水やお湯で顔をすすぐだけでも少しは髭が柔らかくなりますが、蒸しタオルを使うとさらに効果的です。
 
電気シェーバーの場合は肌の滑りを良くするプレシェーブローションを使うとスムーズに剃れます。
 
髭を剃った後の道具と肌のお手入れ方法も大事です。
 
カミソリの場合は、綺麗に水洗いして風通しの良いところで乾燥させるようにします。
 
電気シェーバーの場合は、専用のクリーニング液で洗うようにし、乾燥した場所に保管するようにしましょう。
 
肌の対策としては、カミソリや電気シェーバーを使うと少なからず角質層が削られますので、髭剃りをした後は保湿することが大事です。
 
髭剃りをした後に、洗顔して化粧水や乳液、美容液を肌につけるようにしてください。ニキビ専用の化粧品も販売されていますので、そちらを使えばニキビ対策と保湿が同時にできていいでしょう。