ゼロファクター徹底ガイド
ゼロファクター徹底ガイド > 髭の悩み・髭剃り > 髭が濃くなる様々な原因と対策

髭が濃くなる様々な原因と対策

(公開: 2017年07月24日)

濃いひげ
 
髭が濃くなる原因として「男性ホルモンの過剰分泌」が挙げられます。

 

男性ホルモンには眉毛より下に位置する体毛を促進させる効果を持っており、男性ホルモンが多いと髭が濃くなるという人体の仕組みを持っています。
 

男性ホルモンの量を抑えるためには、男性ホルモンを抑制する効果を持ってる「女性ホルモン」の摂取が効果的です。
 
女性ホルモンによく似た性質を持つ「大豆イソブラボン」を食品から摂取することが一番効率が良く、豆腐やおから、豆乳といった大豆製品すべてに含まれています。
 
>>ゼロファクターの成分である大豆!その抑毛効果とは?
 
しかし、男性ホルモンは単体で髭が増毛することはありません。
男性ホルモンと毛穴近くに発生する「5αリゼクターゼ」と結びつき、髭が濃くなり頭皮が薄くなってしまう男性ホルモン「DHC」に変化してしまうのです。
 

髭が濃くなってしまう原因としては、上記で説明した「DHC」と呼ばれる男性ホルモンの存在が大半を占めているのです。
 

髭が濃くなる原因は男性ホルモンだけではない

筋肉
 
20代までは体毛が少ない方だったのに、年齢を重ねるとともに髭が濃くなる人も多いです。
この「加齢によって髭が濃くなる」という現象に関しては、男性は30歳を超えたあたりから男性ホルモンの分泌が盛んになってしまうという特徴を持っているからであり、このとき男性ホルモンを減少させる対策を取っていなければ、髭が濃くなったり、薄毛になる原因となってしまうのです。
 
過度の筋トレを行うことも髭が濃くなる原因となります。
男性ホルモンは筋肉を作る効果を持つホルモンでもあり、体に負荷をかける筋トレは男性ホルモンを大量に分泌させてしまう行為です。
そのため、筋トレのやりすぎは上記の問題に悩まされることになります。
 
ホルモンが活発となる30代を迎え対策を行いたいのであれば、食生活の見直しから始めると効果的です。
男性ホルモンの生成を阻害し5αリゼクターゼとの結びつきをも阻害する効果を持つ「女性ホルモン」に似た性質の「大豆イソブラボン」を摂取することが髭改善の身近な最善策であり、肉などの筋肉を生み出す脂質やたんぱく質を多く含む食材は、結果として男性ホルモンの分泌を活発化してしまうので控えることが賢明なのです。