ゼロファクター徹底ガイド
トップページ > 髭の基礎知識 > 電気シェーバーで肌を傷めずに髭を剃るには?

電気シェーバーで肌を傷めずに髭を剃るには?

(公開: 2019年01月18日)


 
「カミソリで剃ると肌が荒れるから…」と、電気シェーバーを選ぶ人も多いのではないでしょうか?
 
肌に直接カミソリをあてて髭を剃る方法に比べ、刃を直接肌にあてることなく網の中に入った髭だけを剃る電気シェーバーは肌への負担が少なくて済みます。
 
しかし、硬い髭は刃の切れ味とパワーがなければ切れないので、摩擦を減らして剃りやすい状態になっても何度も電気シェーバーで皮膚を擦れば刺激になるのです。
 
そこで、電気シェーバーで肌を傷めないための方法を紹介します。
 
 

プレシェーブローションを使う

プレシェーブローションはサラッとした使用感で、パウダーが含まれているため電気シェーバーに液が入り込む心配もありません。
 
電気シェーバーで空剃りする人も多いですが、機器が皮膚に引っ掛かって剃りにくいのでプレシェーブローションで摩擦を減らして剃りやすくしているのです。
 
さらに、プレシェーブローションには髭を立たせる効果もあるので、皮膚に沿って寝ている髭も剃りやすくなります。
 
 

防水タイプの電気シェーバーを使う

防水タイプの電気シェーバーを使うと、プレシェーブローションだけでなく普通のシェービングフォームも使えるようになります。
 
肌の弱い人や乾燥肌の人はシェービングフォームを使うようになるだけで、出血や髭剃り後のヒリヒリ感が驚くほど軽減されます。
 
シェービングフォームは肌とシェーバーの摩擦を軽減させるだけでなく髭を柔らかくする効果があるので何度も電気シェーバーを往復させなくても簡単に剃ることができます。
 
さらに、髭剃り後のデリケートな肌を保湿し肌のバリア機能を補う効果もあるので敏感肌の人でも安心です。
 
水分を保っている肌は刺激や乾燥に強く、カミソリ負けも起こしにくいのです。
 
 

肌を傷めない電気シェーバーの使い方

髭が濃い部分は剃り残しが目立つので逆剃りをしますが、T字カミソリで逆剃りすると肌を傷つける可能性が高いためオススメできません。
 
深剃りできるので確かに仕上がりは綺麗ですが皮膚表面の薄い皮までそぎ落としてしまうのです。全体的に髭の生え方に沿ってカミソリの刃を滑らせてから剃り残し部分だけを逆剃りするのが、T字カミソリでのウェットシェービングの基本です。
 
電気シェーバーの場合はT字カミソリとは真逆で基本は逆剃りします。電気シェーバーの外側の穴に髭を入り込みやすくするには逆剃りするのが一番だからです。
 
電気シェーバーが皮膚に対して直角になるよう肌に当て、強く押し付けるのではなく優しく皮膚を滑らせるように動かします。剃りにくい部分は指で皮膚を引っ張りながら髭を立たせると綺麗に剃ることができます。
 
穴に入ってきた髭を内蔵されている刃が刈り取ることで髭が剃れるので、例え穴に髭が入っても刃に触れる前に電気シェーバーを動かしてしまうと剃れません。
 
電気シェーバーで綺麗に髭を剃るには、ゆっくりと動かすことが大切です。ゆっくりだと時間が掛かりそうですが、外側の刃が皮膚にあたる面積がT字カミソリに比べて大きく、シェーバーを往復させる必要がないので短時間で済みます。
 
手軽に剃れるのでテレビを見ながら髭を剃る人もいますが、電気シェーバーでも鏡で剃り残しがないか確認しながら行いましょう。
 
 

肌のアフターケアと電気シェーバーのお手入れ

綺麗な仕上がりを実現するには刃の切れ味を保つことが重要です。電気シェーバーの刃もT字カミソリと同様に皮脂や汚れが付いたまま放置しておくと剃り味が悪くなってしまいます。
 
髭剃りの後は製品の取扱説明書に従って手入れを必ずしてください。特に防水性の電気シェーバーはシェービングフォームを使用するので内部に詰まりやすい傾向があります。
 
また、肌に優しい電気シェーバーであっても髭剃り後の肌はデリケートなので、アフターシェーブローションや保湿剤で肌に潤いを補給しましょう。
 
特に乾燥の激しい冬場は肌が荒れやすいので、手のひらに肌が吸いつく感覚になるまで保湿すると安心です。