ゼロファクター徹底ガイド
トップページ > 髭の基礎知識 > 手軽で爽快!防水タイプの電気シェーバー

手軽で爽快!防水タイプの電気シェーバー

(公開: 2019年01月18日)

 
 
T字カミソリによるウェットシェービングは手間も時間もかかりますが、仕上がりの美しさとサッパリとした爽快感が魅力ですよね。
 
しかし、忙しい朝に毎日蒸しタオルを用意するのは大変ですし、T字カミソリによるウェットシェービングは肌への負担が大きいことも分かっています。
 
ウェットシェービングよりも手間が掛からない方法として、電気シェーバーによるドライシェービングが挙げられます。ドライシェービングはサッとプレシェーブローションを肌に馴染ませるだけで髭を剃ることができるので非常に簡単ですが、製品によっては深剃りしにくいので髭の濃い人には不向きでした。

 
そこで注目したいのが防水タイプの電気シェーバー。これは、T字カミソリでのウェットシェービングで得られる爽快感と仕上がりの美しさ。ドライシェービングの手軽さと肌への優しさ。この両者の良いところを兼ね備えた方法です。
 

防水タイプの電気シェーバーは、電気シェーバーの手軽さはそのままに、シェービングフォームやお風呂場での使用にも対応した優れモノです。
 
髭も毛穴も柔らかい状態で剃ることができるので、毛穴から毛根まで押し出して剃ることが可能です。特に夏場は蒸しタオルをするのも暑苦しくて億劫ですが、電気シェーバーとシェービングフォームによる髭剃りは爽快感も得られるので快適ですよ。
 
 

防水タイプの電気シェーバーならウェットシェービング可能

ウェットシェービングとドライシェービングの大きな違いは水を使用するかどうかです。
 
通常、電気シェーバーで行うドライシェービングは水が機械に入ると壊れてしまうので、髭を剃る前にプレシェーブローションを肌に馴染ませてから使用します。
 
電気シェーバーなら使用後も剃った髭を捨てるだけなので手入れも簡単です。水を使用するだけで手間も準備も大変になるので、忙しい日本人にとってはドライシェービングが最適のように感じます。
 
しかし、ウェットシェービングには水やシェービングフォームを使用するからこそのメリットがあるのです。
 
ウェットシェービングと言えば床屋さんのようなプロフェッショナルな人だけができる髭剃りに感じますが、剃り上がりの美しさと爽快感はドライシェービングと比べ物になりません。
 
その上、深剃りも出来るので髭の濃い人はドライシェービングだけでは満足できない場合も多いのです。
 

防水機能を搭載している電気シェーバーでウェットシェービングを行うと、床屋さんのような仕上がりと爽快感が得られる上に、電気シェーバーの手軽さと手入れの簡単さまで実現することができます。
 
これだけでも電気シェーバーによるウェットシェービングが魅力的に感じますが、肌への優しさ面で考えても大きなメリットがあるのです。
 
 

防水タイプの電気シェーバーは肌にやさしい?

もともと電気シェーバーによる髭剃りは肌に優しいですが、毎日肌を擦る刺激や髭を剃る刺激を受けると敏感肌の人は炎症を起こします。
 
プレシェーブローションは肌と電気シェーバーの摩擦を軽減させる役割はあっても、皮膚のバリア機能を補う効果までは期待できません。
 
皮膚はサランラップほどの薄い膜が何枚もの層になってできています。刺激を受け続けると表皮が剥がれ、未成熟な状態の皮膚が表面にでてきてしまうのです。
 
未成熟な皮膚は乾燥や刺激に弱いだけでなく、水分を保つ力も弱いので乾燥肌になってしまいます。もともと男性の肌の水分量は女性と比べて半分ほどしかないので乾燥しやすく、たるみやシミの原因にもなるので老けた印象を与えてしまいます。
 
防水タイプの電気シェーバーによるウェットシェービングはシェービングフォームを使用するので、外刃と皮膚の間にフォームが入ることにより皮膚への刺激が最小限に抑えられます。
 
さらにシェービングフォームには髭を柔らかくする効果もあるので何度も電気シェーバーを往復させなくても髭を剃ることが可能なのです。
 
潤いのある肌は刺激にも強く傷つきにくいですが、ウェットシェービングでは髭を剃る前・剃っている間・剃り終わった後の全ての段階で保湿できているので安心です。
 

今まで手間を掛けてウェットシェービングをしていた人は、防水タイプの電気シェーバーを使うことで時短と肌への優しさが手に入り、ドライシェービング派の人も深剃りと一層肌への刺激を抑えることができます。
 
電気シェーバーには多くの種類があるので防水であるかどうかや深剃り機能についての情報を見比べてから購入すると安心ですよ。