ゼロファクター徹底ガイド
トップページ > 髭の基礎知識 > 髭剃りの基本!綺麗に髭を剃るコツとは?

髭剃りの基本!綺麗に髭を剃るコツとは?

(公開: 2019年01月18日)

綺麗に剃っても翌朝には立派に生えてしまう髭。髭剃りは男性の身だしなみに欠かせないケアですが、3万本程度の太い髭を毎日手入れするのは大変な作業ですよね。
 
とりわけ顎の下に生えている髭は窪みにカミソリが届きにくく、黒い点々のような剃り残しがだらしのない印象を与えてしまいます。
 
床屋さんのように綺麗に髭を剃るためには、髭の成分や性質を理解し必要な道具を揃える必要があります。
 
髭は皮脂腺と呼ばれる皮膚の油分を保つための細胞と繋がっているため油で包まれています。まずは正しい洗顔で髭剃りの邪魔になる油分や汚れを洗浄する必要がありますが、肌の弱い人は洗顔フォームを使わず水だけで優しく洗い流してください。顔の皮膚は薄いのでゴシゴシこすると潤いを保つ役割の皮脂まで洗い流してしまうので注意です。
 
床屋さんで髭を剃るときには顔に蒸しタオルを当てることが多いですが、これは蒸気で温めると柔らかくなる髭の性質を利用し剃りやすくするためです。
 
髭は冷水で洗うと柔らかくなりにくいのでお湯で洗顔するのがオススメです。実際に毎朝蒸しタオルを用意するのは面倒なので、髭を柔化させるためのシェービングフォームを使用すると手軽です。シェービングフォームには髭を柔らかくするためだけでなく、髭剃りの刃と肌を傷つけないようにする役割や髭剃り後の肌の保湿効果があります。
 
髭が生えている部分の肌は非常にデリケートなので可能な限り優しく剃りるべきですが、髭は同等の太さの同線と変わらない硬さがあるのでカミソリを髭の根元にしっかりと当てなければ綺麗に手入れできません。
 
面倒くさくてシェービングフォームを使わずに髭剃りをすると肌もカミソリも傷ついてしまうで注意が必要です。シェービングフォームを使わずに剃ると乾燥してしまい皮膚が傷つきやすくなるので保湿剤を付けてケアしましょう。
 
髭の生え方は横や斜めと一定方向ではないので、お湯でふやかさずに剃ると短い剃り残しができやすいです。
 
 

肌に負担を掛けずに髭剃を剃るには?

顎の下に生えている髭は皮膚に張り付くように寝ているのでカミソリの刃が入り込みにくいのが難点です。
 
なかなか剃れないからと敏感な皮膚に何度も刃を当てると肌への負担が大きく、同じ部分を定期的に傷つけると色素沈着しシミのように残ります。刃が肌に当たる時間は最小限に止めて、シェービングフォームで肌を守りながら切れ味の良いカミソリで剃り上げるのがポイントです。
 
髭が寝ている部分は皮膚を引っ張って毛を立たせると綺麗に剃ることができます。朝起きた直後だと顔が浮腫んでおり髭も皮膚に埋もれて剃りにくいので、起き上がってから30分程経ってから髭剃りをすると綺麗に剃れます。
 
また、思うように髭が剃れない時はシェービングフォームを変えてみるのもひとつの方法です。シェービングフォームにも種類があるので自分に合った製品を探しましょう。肌の弱い人は滑りの良いジェルタイプ、髭が太く硬い人は髭を和らげる泡タイプのシェービングフォームがオススメです。