ゼロファクター徹底ガイド
ゼロファクター徹底ガイド > ゼロファクター > ゼロファクターの高い保湿効果!髭との関係性は?

ゼロファクターの高い保湿効果!髭との関係性は?

(公開: 2017年09月04日)

 
アロエ
 
ゼロファクターは髭を薄くしたり、伸びにくくする効果がクローズアップされがちですが、高い保湿効果も併せ持っています。
 
髭を剃ったあとに使うアフターローションとしての役割を考えれば当然のことですが、髭剃りでダメージを受けた肌を保護し、保湿して肌をすこやかに保ってくれます。
 
ゼロファクターに含まれる成分の中で、高い保湿効果を発揮するのがアロエエキス。
 
アロエは火傷や日焼けによる炎症を抑えるためにも使われるように、肌を修復する効果が高いことで知られています。
 
このアロエエキスがシェービング時についてしまう細かい傷を修復し、同時に肌を保護して水分と油分のバランスを保ってくれます。
 
通常のスキンケアでは洗顔の後は化粧水を使ってから乳液や美容液で肌を整えるステップとなりますが、ゼロファクターは一本で保水と保湿が行えます。
 
そのため旅先など自宅以外の場所で使うときもたくさんのアイテムを持ち運ぶ必要がなく、ゼロファクターだけをカバンに入れておけばいいので手軽です。
 
 

肌荒れや乾燥は髭が濃くなる原因?

 
ゼロファクターに保湿効果があると言っても、髭を薄くすることと保湿にどんな関係性があるのか疑問に感じる方も多いでしょう。
 
単純に考えるとあまり関係がないように思える肌荒れや肌の乾燥は、実は髭が濃くなる原因のひとつでもあるのです。
 
まず肌の仕組みとして、肌荒れや乾燥が起きると外部からの刺激から肌を守ろうとするため、皮膚が硬く、分厚くなってきます。手や足、肘や膝が荒れてカサカサになっているのに放置していると、そのうち硬くなってくるのと同じです。
 
皮膚が分厚くなると髭はその皮膚を突き破ろうとするため、どんどん太くなっていきます。
 
結果として太くて硬いヒゲがたくさん生え、その髭を剃るために入念なシェービング行い肌が荒れるという悪循環が起きます。
 

乾燥が気になるときは乳液やクリームを併用する

 
上記のことから、髭を薄くするには肌を柔らかい状態に保つことが鉄則です。
 
肌を柔らかい状態にすることで、ゼロファクターに含まれる成分が浸透しやすくなるメリットもあります。
 
そのためには、髭を剃るときは肌にダメージを与えないように注意し、髭剃りあとにはゼロファクターでしっかりケアすることが大切です。
 
基本的にはこれらを行うだけで肌の保湿が行えますが、それでも肌の乾燥が気になるときは保湿用の乳液やクリームを併用すると効果的です。