ゼロファクターの効果と口コミ検証
ゼロファクターの効果と口コミ検証 > ゼロファクター > 【ゼロファクターの抑毛効果】毛穴の奥まで成分が届く仕組み

【ゼロファクターの抑毛効果】毛穴の奥まで成分が届く仕組み

(公開: 2017年08月06日)

 

ゼロファクターには髭が濃くなる原因である、5αリダクターゼの活性化を抑える成分が配合されています。
 
これらの成分はすべて植物から採取されたものが配合されているため、強い抑毛効果があるにも関わらず肌にやさしく、どんな肌質の人でも使えるようになっています。
 
しかし、植物から採取した成分が主体であるならば、その植物を直接肌に張り付けても効果があるのでは?と思いますよね。
 
例えば女性の間で「美白効果がある」と話題になったきゅうりパックやレモンパックなど、野菜や果物をカットして直接顔に乗せる美容法はよくあります。
 
これらの美容法が効果あるのなら、ゼロファクターに含まているものと同じ植物をカットして、顔に乗せれば効果があるのではないでしょうか。
 
特にアロエなどは手軽に手に入れることができるので、「毎日お風呂上りにアロエパックをすれば、髭が薄くなるんじゃないか?」と思う方もいるでしょう。
 
もしそれで抑毛効果があるならお金も掛からず安上がりです。でも、当然ながらそんな上手い話はなくて、ゼロファクターのように強い抑毛効果を得ることはできません。
 
何故ならゼロファクターと同じ成分含む植物を顔に貼り付けても、成分が毛穴の奥まで届かないからです。
 

毛穴があるのは肌の奥深く!簡単には成分が届かない

 
肌の構造
 

毛穴というのは皮膚に覆われているため、その内部を直接見ることはできません。
 
鏡でよく見てみると皮膚に隠れている毛が透けて見えるため、「肌表面から少し奥にあるのかな」と想像します。
 
しかし、実は毛穴というのは肌表面から随分と奥にあり、表皮から何層も奥にある「真皮」と呼ばれる層にあるのです。
 
この真皮まで成分を届けるにはその手前にある皮膚組織をすり抜けなければ届きませんが、
皮膚組織は網目のように重なって構成されているため、簡単には成分が届かない仕組みになっているのです。
 
例えば水で顔を洗った後に毛穴から水が溢れてきたり、毛穴から水が浸透して顔がパンパンに膨らむことはないですよね?
 
これは皮膚表面の角質層が内部まで水が浸透するのをブロックしているためです。
 
それと同じ原理で抑毛効果のある植物を肌に張り付けても、毛穴の奥まで成分が届くことがないのです。
 

ゼロファクターの成分はナノ化されている

 
成分のナノ化
 
では、なぜゼロファクターの成分は肌の奥にある毛穴まで成分を届けられるのか?
 
答えは成分を極限まで細かくする技術である「ナノ化」にあります。
 
ゼロファクターに含まれる成分はすべてナノ化されることにより、10億分の1ミリにまで超微粒子化されています。
 

「ナノテクノロジー」の「ナノ」とは、10億分の1を意味する言葉です。例えば、地球の直径を10億分の1にすると、おおよそ1円玉くらいの大きさになります。
1 ナノメートル(nm)は10億分の1 mのことを表します。1 nmは髪の毛の太さの約10万分の1です。

引用:ナノテクノロジーってなあに? 農林水産省
 
このサイズまで成分を細かくすることで、成分の侵入をブロックしている角質層の網をすり抜け、ダイレクトに成分を届けることができるのです。
 
この「すべての成分がナノ化されている」というのは他の抑毛ローションにはない大きなポイント。
 
どれだけ多くの有効成分が含まれていても、毛穴の奥まで届かなければ効果はありません。
 
つまり、ゼロファクターの成分は網目状になった皮膚組織の隙間を、問題なく通れるくらいにナノ化されているため、
5αリダクターゼの活性化が起きる毛穴付近までダイレクトに届くのです。
 
 

ゼロファクターの成分である大豆!その抑毛効果とは?

 
 
大豆
 
ゼロファクターに含まれる成分のうち、高い抑毛効果があるとされる成分のひとつが大豆です。
 
大豆と言えば豆腐などに多く含まれており、高たんぱく・低カロリーでダイエット食としても有名ですね。
 
そんな大豆にはヒゲだけでなく、腕やスネ毛などの「ムダ毛」を抑える効果があると言われており、ムダ毛の多さに悩む女性の間では大豆の成分を含む化粧水は定番アイテムとなっています。
 

大豆に抑毛効果があると言われる理由

 
大豆食品
 
髭やムダ毛の濃さに関係しているのは男性ホルモンで、男性ホルモンの分泌量が多ければ多いほど髭やムダ毛が濃く毛深くなってしまいます。
 
これを改善するには、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を高めてあげるのが効果的です。
そんなエストロゲンと同様の作用を持っているのが、大豆製品などに含まれているイソフラボンという成分です。
 
イソフラボンはエストロゲンの代わりとして働いてくれるため、男性ホルモンの分泌量を減らす作用があります。
 
参考:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A (農林水産省)
 
 

ゼロファクターの成分ガウクルア!その抑毛効果とは?

 
 
ゼロファクターの成分
 

ゼロファクターに含まれる成分の中で、一番気になる存在がガウクルア(プエラリア)ではないでしょうか。
 
写真で見るとイモの一種のような、何かの植物の球根のような黒っぽい物体。
コレを見て「あぁ、ガウクルアね!」というようにピンとくる人は少ないと思います。
 
それもそのはず、このガウクルアは日本には存在しない植物なのです。
 
原産地はタイ北部とされており、現地では古くから薬草として使われていたそうです。
 
ガウクルアは4種類あり、白・赤・黒・鼠色というように切ったときの断面の色で分類されているようです。
 
このうち日本でサプリメントとして販売されているのは主に白と赤のガウクルア
 
どちらも男性や女性の身体にさまざまな効果が期待できる、今注目の成分なのです。
 

プエラリア・ミリフィカとは<学名>Pueraria candollei var.mirifica
タイ全土に広く分布するマメ科のクズ(葛)と同属の多年生つる植物。別名白ガウクルア。
根塊に植物性エストロゲン(女性ホルモン様の作用のある物質)が含まれていることが報告されている。タイでは、古くから「若返り」の特性を求めて、伝統的に利用されてきた。

プエラリア・ミリフィカの含有成分の特徴
◎植物性エストロゲン:エストロゲン活性をもつ化学物質を17種類含有する
イソフラボン類(10種類)
ダイゼイン、ダイジン、ゲニスチン、ゲニステイン、クワクリン、クワクリンハイドレート、
ツベロシン、プエラリン、ミリフィシン、プエミリカルペン
クメストラン類(4種類)
クメストロール、ミリフィクメスタン、ミリフィクメスタングリコール、
ミリフィクメスタンハイドレート
クロメン類(3種類)
ミロエストロール、デオキシミロエストロール、イソミロエストロール
(Malaivijitnond S. FrontMed 2012;6(1):8-21)
※ミロエストロール、デオキシミロエストロールのエストロゲン活性が高い

引用:プエラリア・ミリフィカ(白ガウクルア)について – 厚生労働省
 

白ガウクルアと赤ガウクルアの違い

 
男女のイメージ
 
同じガウクルアでも、白と赤では正反対の効果があることで知られています。
 
簡単に分類すると、白ガウクルアは主に「女性らしさ」を向上させる目的で用いられます。
 
女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同様の働きがあり、様々な美容効果のほか、バストアップ効果があるとされています。
 
そのため、タイではニューハーフの人たちが「胸を大きくしたい!」という目的で白ガウクルアのサプリメントを飲むのだそう。
 
一方、赤ガウクルアは「男性らしさ」を向上させる目的で用いられます。
 
筋肉増強や疲労回復効果のほか、精力増強作用があるとされています。
 
ネットで「赤ガウクルア」を調べてみると、精力増進を謳ったサプリがたくさん出てくることから、
 
男性機能に自信がない人や、妊活中で頑張らないといけない人から支持されているようです。
 

ゼロファクターに含まれる白ガウクルアのエストロゲン作用

 
ゼロファクターに含まれているのは言うまでもなく白ガウクルアです。
 
エストロゲン作用があるとされるこの成分は、ヒゲが濃くなる原因である5αリダクターゼを抑える働きがあるとされています。
 
分かりやすく言えば男性ホルモンが増えようとする動きに対し、強い女性ホルモンを与え、
 
「男っぽくなるんじゃー」と暴走する身体を中性的なポジションに矯正するイメージです。
 
そうすることで5αリダクターゼの活性化が制御され、徐々に髭が薄くなっていくわけです。
 

「でも女性ホルモンなんて与えたら、自分も胸が大きくなるんじゃない?」と心配するかも知れませんが、ゼロファクターには胸が大きくなるほどの量は含まれていません。
 
また、髭が気になる部分につける程度で胸が大きくなることはないため、安心して使っていただけます。
 
 

こちらもご覧ください

 

ゼロファクターの効果と口コミ